1: テクノロジーまとめ 2020/10/23(金) 23:27:06.23 ID:uBL4C9Hwa
    コレはガチやろ。あのクソキモイ名前を出すことすらおぞましいからな

    【ゴキブリ←まだネタに出来るキモさ、蛾←ネタにすら出来ないキモさ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: テクノロジーまとめ 2020/10/23(金) 23:14:47.465 ID:+gOcAWjid

    【【悲報】樹海さん、自殺者にとても辛辣だった・・・・】の続きを読む

    1: テクノロジーまとめ 2020/10/23(金) 22:14:29.18 ID:1jR8H4Le0
    食べようと思ったことすら無い模様

    【[悲報]なんJ民の9割、どじょうを食べたことが無い】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: テクノロジーまとめ 2020/10/23(金) 20:16:22.469 ID:zgs9TDBS0
    こんなことある?

    【メーカー製PCの中身見てるんだけど内部USBが無い】の続きを読む

    1: テクノロジーまとめ 2020/10/23(金) 18:57:57.21 ID:CAP_USER
    頑丈な甲虫、外骨格の謎解明 航空機の軽量化に応用も―東京農工大

     足で踏まれても、車にひかれてもつぶれずに生きている頑丈な甲虫の外骨格の謎を東京農工大や米カリフォルニア大などの日米研究チームが解明し、23日までに英科学誌ネイチャーに発表した。
     この北米西海岸に生息する甲虫の一種は飛ぶ能力を失っており、英語で「アイアンクラッド・ビートル(鉄の装甲の甲虫)」と呼ばれる。
     研究成果は航空機や自動車を強く、軽く造る技術に応用できる可能性があるという。

     カブトムシやコガネムシは外側に硬い羽、内側に軟らかい羽があるが、体長約3センチのアイアンクラッドは内側の羽がない。
     外側の左右2枚はがっちり接合して開かず、一体化した外骨格となっている。

     カブトムシなどの外側の羽の接合部は、一方が凹形、他方は凸形をしており、飛ばない時ははめ込んで閉じている。
     アイアンクラッドはこの凹凸のはめ込みが二つあり、踏まれても開かないことが分かった。
     背中側と腹側の外骨格を接合する部分も外れにくい形状だった。

     外骨格は多糖類のキチンとたんぱく質が主成分だが、アイアンクラッドは日本のカブトムシに比べ、たんぱく質の割合が1割多く、種類も違うことが判明。
     外骨格の断面を高性能な顕微鏡で観察すると、この物質から成る薄い層が多数積み重なった構造をしていた。
     実験では体重の約3万9000倍に相当する荷重に耐えることができた。

    (以下略、続きと画像はソースでご確認下さい)

    時事通信 2020年10月23日17時13分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020102300917&g=soc

    【【昆虫】車にひかれても死なない甲虫「アイアンクラッド」外骨格の謎解明 航空機の軽量化に応用も―東京農工大などネイチャーに発表】の続きを読む

    このページのトップヘ