医学

    1: テクノロジーまとめ 2020/10/23(金) 18:45:17.15 ID:CAP_USER
    重度の脳障害患者が「睡眠薬」によって、逆に”意識を取り戻す”事例が報告される
    川勝康弘

     睡眠薬で意識が蘇る奇跡が起きました。

     『Cortex』の11月号に掲載された論文によれば、重い脳障害によって8年間、無動無言症の状態にあった男性に睡眠薬として知られるゾルピデム(総称: マイスリー)を投与した結果、意識が覚醒し、自主的活動が再開されたとのこと。

     しかし、いったいなぜ、睡眠薬が障害を負った患者に覚醒を促したのでしょうか?

    ■無動無言症は起きているのに意識が閉ざされている

     8年前、20代後半だったリチャード氏はアルコール乱用の病歴があり、ある日喉を詰まらせて酸素不足に陥り、脳に重度の障害を負いました。

     結果、リチャード氏は生きてはいましたが、もはや意図的に話すことも、食べることも、トイレにいくこともできなくなってしまったとのこと。

     多くの場合、このような状態に陥った患者は同時に深い昏睡状態に陥りますが、彼は違いました。

     リチャード氏が陥った状態は医学的に無動無言症と言われており、通常の人間のように眠ったり起きたりするものの、知的・意図的な動作が失われる、きわめてまれな状態だったのです。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    ナゾロジー 2020/10/23(金)
    https://nazology.net/archives/71845

    【【脳科学】重度の脳障害患者が「睡眠薬」によって、逆に”意識を取り戻す”事例が報告される 】の続きを読む

    1: テクノロジーまとめ 2020/10/21(水) 17:34:20.43 ID:CAP_USER
    「未知の臓器」が人間の喉の奥から発見される

     人間の鼻から咽頭にかけての領域に、これまで知られていなかった新しい臓器を発見したという報告が発表されました。
     発見されたのはわずか3.9cmという小さな器官で、がん細胞の研究中に偶然見つかったとのことです。

     The tubarial salivary glands: A potential new organ at risk for radiotherapy - ScienceDirect

     https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0167814020308094

     Cancer researchers discover new salivary gland

     https://medicalxpress.com/news/2020-10-cancer-salivary-gland.html

     発見したのは、オランダのオランダがん研究所(NCI)のウーテル・フォーゲル氏とマティス・ファルスター氏らの研究チームです。
     研究チームは、前立腺がんを検出する「PSMA PET-CT」と呼ばれる画像診断法を使い、前立腺がんの研究を行っていました。
     PSMA PET-CTは、患者に注入した放射性のトレーサーを、前立腺がんに多く含まれるタンパク質のPSMA(前立腺特異的膜抗原)と結合させ、検出するという画像診断法です。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    GIGAZINE(ギガジン) 2020年10月21日 10時57分
    https://news.livedoor.com/article/detail/19090803/

    【【解剖学】「未知の臓器」が人間の喉の奥から発見される 】の続きを読む

    1: テクノロジーまとめ 2020/10/20(火) 13:37:35.45 ID:CAP_USER
    難病「ミトコンドリア病」に診断薬 福岡・久留米大が開発、早期発見に期待

     久留米大医学部(福岡県久留米市)の古賀靖敏教授(小児科学)の研究グループが、国の指定難病「ミトコンドリア病」を早期発見するための診断薬を開発した。
     従来の方法より安価で検査期間が短いのが特長。
     実用化を目指し医薬品を承認審査する独立行政法人・医薬品医療機器総合機構に承認申請した。

     ミトコンドリア病は、細胞内でエネルギーを作る小器官ミトコンドリアの機能低下が引き起こす。
     症状は筋力低下や糖尿病など多岐にわたるため、診断が難しいとされる。
     国内の患者は推定2000人。
     診断できても完治は難しいが、進行を遅らせる治療を行う。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    西日本新聞 10/20(火) 11:53
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1caf528d4b1d16f9a2f921e595dae7881a6cb498

    【【医療】難病「ミトコンドリア病」に診断薬 久留米大が開発、早期発見に期待 】の続きを読む

    1: テクノロジーまとめ 2020/10/16(金) 18:17:38.96 ID:CAP_USER
    WHO、レムデシビル効果認めず 初期データ使用論文と製薬企業

     【ワシントン共同】新型コロナウイルス感染症の治療薬として日本で特例承認されている抗ウイルス薬レムデシビルについて、世界保健機関(WHO)主導の国際的な臨床試験で入院患者の死亡率の改善などに効果がみられなかったと、英紙フィナンシャル・タイムズ電子版が15日、報じた。

     同紙は人工呼吸器装着の必要性は減らず、入院期間を短くする効果もほとんどなかったとしている。
     開発した米製薬企業ギリアド・サイエンシズは「初期データを使った査読前の論文が公開されたようだ。別の臨床試験で示されてきた有効性と矛盾している」とコメントしている。

    共同通信 10/16(金) 11:12
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9e2a2fd5fd2e38d97ac74fa8f4ed0a8942b8ab07

    【【新型コロナ】WHO、レムデシビル効果認めず 製薬企業は反論コメント 】の続きを読む

    1: テクノロジーまとめ 2020/10/10(土) 16:21:01.74 ID:CAP_USER
    運動すると記憶力がよくなる!? そのメカニズムが研究から明らかに

     日常的な運動が、身体の健康だけではなく記憶や認知能力にいい影響を及ぼすことは、いまや誰もが知る常識だ。
     運動を日課にしている友人や家族が身近にいるなら、とても元気で頭が回る人たちが多いことに気づくことだろう。

     このほどスイスにあるジュネーブ大学の神経科学者たちが、運動後に記憶力が向上するメカニズムをオープンアクセスのジャーナル誌「Scientific Reports」に公表した。
     運動によって活性化する「エンドカンナビノイド」と呼ばれる化学物質の作用により、記憶や学習に重要な「脳の海馬」におけるニューロン間の信号伝達能力やその形が、刺激の量に応じて変化・適応する仕組みが確認されたのだ。

    ■脳内麻薬「エンドカンナビノイド」の効力

    「スポーツと記憶の関係はどうなっているのか。それがわたしたちが理解したかったことなのです」と、研究を率いたジュネーブ大学医学部基礎神経科学部のソフィー・シュワルツ教授は説明する。

     これまでの研究によると、スポーツが記憶力に影響するメカニズムには、身体のなかでつくられる「エンドカンナビノイド」と呼ばれる“脳内麻薬”が大きくかかわっていることがわかっている。
     持久力を試されるマラソンやサイクリングなどをする人たちの多くが報告する多幸感、またはランナーズハイを引き起こすとされる化学分子だ。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    WIRED.jp 10/10(土) 12:23
    https://news.yahoo.co.jp/articles/23a3a09d75f651b16b9331d107420833d420e319

    【【神経科学】運動すると記憶力がよくなる!? 脳内麻薬「エンドカンナビノイド」の作用メカニズムが研究から明らかに 】の続きを読む

    このページのトップヘ