天文学

    1: テクノロジーまとめ 2020/10/13(火) 09:49:29.92 ID:DnJlIm/q9
    【AFP=時事】欧州の天文学者らが、超大質量ブラックホールが太陽ほどの大きさの星をのみ込む瞬間を捉えたと発表した。欧州南天天文台(ESO)が12日、イメージ画像を公開した。

    研究班はESOの望遠鏡を用いて、地球から約2億1500万光年離れた場所にあるブラックホールによる「潮汐(ちょうせき)破壊現象」を確認。これはブラックホールに星がのみ込まれる際に細長く引き裂かれるというもので、「スパゲティ化現象」とも呼ばれる。

    英国王立天文学会月報(Monthly Notices of the Royal Astronomical Society)に掲載された論文の主執筆者で、英バーミンガム大学(University of Birmingham)のマット・ニコル(Matt Nicholl)氏は、「ブラックホールが近隣の星を『のみ込んでいる』なんてSFのようだが、この潮汐破壊現象ではまさにその通りのことが起こる」と話している。

    研究班は今回の発表が、超大質量ブラックホールの周囲の極度の重力環境で物質がどのように運動するかをよりよく理解する一助になればと期待している。【翻訳編集】 AFPBB News

    10/13(火) 0:37 AFP=時事
    https://news.yahoo.co.jp/articles/58b0466b0798f5e40418321e572ae3fceb75104c
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggbPPpIiEXbIs7ek39734DUA---x640-y388-q90-exp3h-pril/amd/20201012-00000045-jij_afp-000-3-view.jpg

    【【宇宙】ブラックホールが星のみ込む「スパゲティ化現象」 欧州研究班が確認】の続きを読む

    1: テクノロジーまとめ 2020/10/11(日) 19:09:31.22 ID:CAP_USER
    金星で地球外生命を探すミッションで、NASAに先行できるか? あるヴェンチャー企業の挑戦

     金星の大気中にホスフィンの形跡が見つかったことを、天文学者の国際チームが2020年9月に発表した。
     ホスフィンは有機生命体に関連する分子で、それがが存在するというだけでは金星に地球外生命体がいる決定的な証拠にはならない。
     だが金星の酸性雲の中を地球外微生物が漂っていると考えなければ、ホスフィンが存在する理由の説明は難しい。

     確証を得る唯一の方法は、宇宙探査機を送ることだ。
     惑星科学者たちの間からも、この謎を解くために探査機を飛ばすべきだという声が高まっている。
     これまで地球外生命体の探求といえば火星が有望視されてきたが、いまその熱い視線は金星にも向けられているのだ。

    ■金星に無人大気探査機を

     ところが、ピーター・ベックは金星が注目される前から宇宙船を送りたいと思っていた。
     小さなロケット打ち上げ企業Rocket Lab(ロケットラボ)の創業者兼最高経営責任者(CEO)であるベックは今年、金星に無人大気探査機を飛ばして地球外生命体が存在する証拠を探す計画を発表した。

     ベックによると、彼は金星と「長いこと恋に落ちて」おり、探査機を飛ばしたい理由も単に地球外微生物を見つけるためだけではないという。
     「金星のことを学べば、地球についても多くを学べます」と、彼は言う。
     「金星は、気候変動によって調子が狂った地球のような惑星なので、いま地球に起きている変動について多くを教えてくれるはずなのです」

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    WIRED.jp 10/11(日) 12:40
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3fce45de8e40603e9f45e2f768c25de5d84c51c9

    【【宇宙】金星で地球外生命を探すミッションで、NASAに先行できるか? あるヴェンチャー企業の挑戦 】の続きを読む

    1: テクノロジーまとめ 2020/10/07(水) 00:12:06.29 ID:CAP_USER
    月面の宇宙放射線は地表の200倍、月面滞在は2ヶ月が限度か?
    松岡由希子

    <中国とドイツらの研究チームは、月面で放射線の時間分解測定を初めて実施し、研究成果を発表した......>

     アメリカ航空宇宙局(NASA)が「アルテミス計画」において2024年に有人月面着陸を目指すなど、各国で月探査への動きが活発となっている。
     宇宙飛行士にとって重大なリスクとなるのが、宇宙放射線の被爆だ。
     これによって、白内障やがん、中枢神経変性疾患などが引き起こされるおそれがある。

    ■地表の200倍以上、国際宇宙ステーション内部の2.6倍

     中国科学院国家空間科学中心(NSSC)と独キール大学らの国際研究チームは、2019年1月に月の裏側で月面着陸した中国の無人探査機「嫦娥4号」にキール大学が開発した線量計「LND」を搭載し、1月3日から12日と1月31日から2月10日までの間、月面で放射線の時間分解測定を初めて実施した。

     一連の研究成果は、2020年9月25日、学術雑誌「サイエンス・アドバンシス」で発表されている。

     宇宙飛行士が宇宙服に保護されているのと同等に保護された「LND」は、宇宙放射線がヒトに及ぼす生物学的影響を推定するべく、等価線量で放射線を測定した。

     その結果、宇宙放射線の線量当量率は57.1毎時マイクロシーベルトと、地表の200倍以上にのぼった。
     月面の平均線量当量は1日あたり1369マイクロシーベルトで、同時期の国際宇宙ステーション(ISS)内部での線量当量に比べて2.6倍も高い。
     これは、国際宇宙ステーションが部分的に地球の磁気圏によって宇宙放射線から守られているためだと考えられる。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    2020年10月6日(火)18時00分
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/10/200-22.php

    【【宇宙】月面の宇宙放射線は地表の200倍、月面滞在は2ヶ月が限度か? 】の続きを読む

    1: テクノロジーまとめ 2020/10/06(火) 14:45:44.16 ID:CAP_USER
    宇宙の物質の総量、過去最高の精度で測定 米研究チーム

    【AFP=時事】宇宙に関する長年の謎の一つである「物質の総量」がこのほど、過去最高レベルの精度で測定された。米国の天体物理学者チームが研究論文を発表した。

     9月28日の天文学専門誌「アストロフィジカル・ジャーナル(Astrophysical Journal)」で発表されたこの測定結果では、宇宙を構成する物質とエネルギーの総量のうち、物質の割合は31.5%(誤差プラスマイナス1.3%)とされた。

     残りの68.5%は暗黒(ダーク)エネルギーだ。
     この正体不明のエネルギーは、宇宙の膨張速度を時間とともに加速させているとされ、1990年代末に遠方の超新星の観測によってその存在が初めて推測された。

     別の表現をすれば、これは観測可能な宇宙に存在する物質の総量が太陽質量の6.6×10の22乗倍に相当することを意味する。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    AFPBB NEWS 10/6(火) 13:02
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9ea250512584f6e5c246757127be6d1aefc41445

    【【宇宙論】宇宙の物質の総量、過去最高の精度で測定 米研究チーム 】の続きを読む

    1: テクノロジーまとめ 2020/10/02(金) 10:27:30.28 ID:CAP_USER
    ぞっとする色付け。木星の北極周辺にあるサイクロンの模様

    木星探査機ジュノーが捉えた木星の北極で渦巻くサイクロン(疑似カラー)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/89c2b50892d47cab7e110767995cfd51a1a712a7/images/000

     こちらの画像は、木星探査機「ジュノー」が捉えた木星の北極周辺の様子です。
     人の目で見た色合いではなく、活動的な雲の詳細が際立つように絵画のような色付けがされています。

     画像には木星の北極で渦巻く中央の巨大なサイクロンと、それを取り囲んでいる複数の小さなサイクロンが写し出されています。
     中央のサイクロンは直径7000kmほどで、小さいとはいえ取り囲んでいるほうのサイクロンはそれぞれ直径4000~4600kmもあるといいます。
     こうした中央のサイクロンとその周囲にある複数のサイクロンという組み合わせは、木星の南極でも観測されています。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    sorae 宇宙へのポータルサイト 10/1(木) 23:43
    https://news.yahoo.co.jp/articles/89c2b50892d47cab7e110767995cfd51a1a712a7

    【【宇宙】ぞっとする色付け 木星の北極周辺にあるサイクロンの模様 】の続きを読む

    このページのトップヘ